下請け仕事からの脱却を目指す製造業〜ホームページで仕事が取れるらしいと聞いたので

下請け仕事をメインにやってきたが、ホームページを通じて直接仕事を請け負いたい

という製造業のホームページ制作例をご紹介いたします。

PR出来るものが少ない

最初にお聞きした言葉がこれでした。他にも

下請けだから作ったものは依頼主のもの。勝手に紹介する事は出来ない。機械も最新のものではないから意味ないし

だからホームページは必要ないってずっと思っていたんだけど、ホームページから仕事を取れたっていう話を聞くことが最近増えたので、うちも作ってみようかと思ったんだよ

ということをお聞きしました。

同業他社の動向は?

当時、業界的にはホームページを積極的に活用しているのは一部の企業だけでした。

パソコンに詳しい関係者がホームページビルダーで作った自作ホームページを公開している所もありました。

ホームページ活用のノウハウは皆無に等しいようで、大手企業の真似をして導入機械・設備の紹介をメインにしている所もありましたが、それが問い合わせに繋がるかというと「NO」です。

まだまだ勝ち抜くチャンスは大きいと判断できました。

目的に向けて

受注に至るまではリアル世界での営業が大きなウエイトを占めるので、ホームページでは

会社(工場)の存在を知っていただく

出来る事を知っていただく

という方針を取ります。

検索サイトからの集客は大きく分けて2パターン。同業他社はビッグキーワードしか意識していないので、どちらのパターンもすぐにアクセスアップに繋がります。

最初にアクセスしたページで、訪問者が求めていることに対する提案まで伝えて、あとは信用していただくための企業PRへ誘導し、お問い合わせへと繋いでいきます。

反応・反響・効果

試作品作成の相談から大きな受注に発展

元請け企業から直で下請け仕事を受けることで中間マージンカット

最初の問い合わせとは異なる内容だが、仕事の依頼を受ける(存在を知って頂いたので話が回ってくるようになった)

など、期待以上の結果に繋がりました。