新事業を展開する企業〜ホームページで知ってもらった先には

今まで「ついで」程度でたまに受けていた仕事を新事業として一本立ちさせたい

という中小企業のホームページ制作をご紹介いたします。

認知度が低い・前例がない

お話しをお聞きしていくと、ホームページを使いインターネット上でPRをしていくのに適しているものだと見えてきました。

業務の内容そのものは利用されているのですが「それ」だけを依頼する・受注するのかとか考えると、ほとんど聞いたことがないものでした。

「それ」を含めた既存の事業は大きなマーケットではないにせよ、絶対になくならないマーケット。発注側に大きなコスト負担がかかるので、利用をしたくても出来ない潜在顧客は存在するはず。

さらに「それ」だけを単体で提供すれば、利用する企業は出てくるはずだとわかりました。

同業他社の動向は?

前例のない事業ですので当然、同業他社は存在しません。あえて言うなら自社です。

知名度も無いので「それ」の言葉で検索する人もいません。

ライバルはいないが、勝負する土俵も無かったのです。

目的に向けて

「それ」の存在を知っていただき、ご利用頂くことでお客様のビジネスにどのような貢献が出来るのかを理解いただく。という方針でスタート。

どのような反応があり、商談の流れの中で相手がどのタイミングで、どのようなことを考えるのか。も不明でしたので、あえてそこは考えない・ページは作らないようにして、全て「お問い合わせフォームか電話でお問い合わせてもらう」ことにしました。

検索サイトからの集客は単純だけど、現状では一番効果が期待できるストレートなキーワード戦略で攻めることに。

最初にアクセスしたページも非常に単純な中身に。長い説明はお問い合わせを頂いてからして、ホームページでは必要性をアピールすることにしました。

反応・反響・効果

「業務の中で、このようなサービスを必要としていたが、今まで別の方法を取り入れて依頼していた」

「このような事が出来るなら利用したい」

といった新規のお客様を多く獲得し、事業は順調に伸び続けています。

更には「新しいもの」ということもあって、メディアからの取材申し込みも来て、多くの媒体に取り上げられるようになりました。